恒温恒湿室

恒温恒湿(標準試験室)とは何か

加湿器不要の空調システム

恒温恒湿状態とは、温度と湿度が一定に保たれている環境を指します。
このように一定の温湿度状態が可能な事を、一般的には恒温恒湿室、環境試験室、サーマルチャンバーと呼ばれることがあります。紙や金属、半導体素子など温湿度の条件により特性が変化する素材については、JISやISOなどにより一定条件下で試験を行う事がもとめられています。これを標準状態といい、当社では特に標準状態を目的としたものを恒温恒湿室(標準試験室)とよんでいます。


恒温恒湿室の成り立ち

これらにより恒温恒湿室は成り立っています。

  • プレハブ断熱パネル製の部屋
  • 冷凍機(室外機)
  • 空調機制御盤
  • 恒温恒湿用空調機(室内機)


クリーンルーム、クリーンブースの設計、施工は環境エンジニアリング(ホーム)