環境試験室

環境試験室とは何か

環境試験室にはどのような種類があるのか

環境試験室にはどのような種類があるのでしょうか。一般的には温度と湿度を一定範囲に制御できる試験室を指しますが、その他にもシールドルーム、ドライルーム、無響室なども含まれてきます。このように特殊な環境空間を再現する部屋を環境試験室と呼びます

製品開発や品質保障のために欠かせない設備として環境試験室が利用されていますが、燃料電池や製薬に欠かすことのできない低湿室(ドライルーム)、樹脂、食物加工などの熱処理室(エージングルーム)、植物培養室などとしても利用されています。

クリーンルーム、クリーンブースの設計、施工は環境エンジニアリング(ホーム)